淫らな子

今回はちょっと体験談的な事を書いてみようと思います。
これはつい先日の話なのですが、青森でデリヘルを呼んだ時の話です。
朝出勤の時にいつもの交差点で赤信号になり、車を停車させていると、前の車でなにやら運転手と隣に座っている女の子がごそごそしていました。
私の車は四駆の車高が高い車だったので、右折する際に車内を除くと、なんと、女の子の下半身が裸でした。
下半身というかおっぱいも丸出しでした・・・。
そして事もあろうに運転手が停車しながら左手で手マンしていたのです。
なんというか車のギアをいしるかのように、かなり自然体で手マンしていましたので、最初は気づきませんでした。
この時、私はあまりにもショッックを受け、女の子の顔が忘れられずにいました。
朝の通勤の時間帯にこんなことを平気ですることができるなんて、頭のネジが何本か足りない人なんだろうと思います。

数日後、青森市内のホテルでデリヘルを呼ぶ機会がありました。
いつもと違う店で呼んでみましたが、なかなか混んでいて妥協して2番目に気に入った子を呼びました。
すると来た子はどこかでみた様な子・・・。
いつまでたっても思い出せませんでしたが、サービス中盤に思い出しました。
以前車の中で朝っぱらから手マンされていた子です。
この感じている顔は間違いありません。さりげなく女の子に聞いてみると、やはりそうでした。
なんであんなに朝っぱらから車で移動中に手マンされていたのか問い詰めると、どうやら、彼女がお願いしてしてもらっていた様です。

彼女は相当エロい事が好きらしく、年々エスカレートしていっている様で、公の場で裸になるのも趣味なんだとか。
たまに人通りが少ないところを狙って橋の真ん中で全裸になったり、真夜中の公園で一人でオナニーをしたりしているそうです。
私も相当のエロと自覚していたが、さらに上がいたなんて驚きを隠せませんでした。
最近ではそれすらも刺激が足りなく思えてきたと言われ、ちょっと引いてしまいましたね。
それで刺激が足りないんだったら、AV女優にとかなるしかないんじゃないでしょうか?

そんなエロい彼女に認めてもらうために、私は自分が出せる「エロ」を精一杯解放しました。
普段は恥ずかしくで絶対にできないプレイや、いつもより優しく時間をかけたプレイで彼女を責め続けました。
そのお陰か、彼女は満足した様子で潮を吹き、イッてしまいました。
こんなにエロく、淫らな女の子は今までのデリヘル人生で初かもしれません。
すごく為になる経験になりました。

次回以降も「淫ら」をテーマに超エロい女の子を狙っていこうと心に決めました。

次回は個人的に会う提案をしましたが、思いとどまり、またデリヘルを使う事にしました。
この業界は何があるかわかりませんので、個人的に会おうとするのはやめたほうが無難と感じたからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です