気晴らしに痴漢プレイ

長年デリヘルに通っていと、ちょっと変わったことがしたくなってきます。皆さんはどうですか?
さすがにスカトロとかまではいかないんですが、デリヘル嬢がオナニーしている姿を見たり、痴漢プレイなど、非日常的なシチュエーションでプレイしたい願望に駆られます。
しばらくデリヘルに行っていなかったので、相当溜まっていたんでしょう。
私は痴漢プレイができる青森デリヘルを探しました。大々的に痴漢プレイ専門と言う店はなかったのですが、コースとしてならいろんなお店に存在する様です。

物は試しにと思い、青森では結構老舗のデリヘルから呼んでみようと思います。
変態なプレイをする時は、細くて胸があまりない子の方が興奮するので、かなり時間がかかってしまいましたが穴があくほど色々なデリヘル嬢を眺めて最終的には一人の女の子に絞りました。
ホームページによると、今回選んだ子は相当変態らしく、いつも机の角を使ってオナニーしているそうです。第三者にみられながらというプレイも好きな様子。
そのお店のシステム的には、ホテル内で簡易的に設置したつり革につかまっている女の子が乗客に扮し痴漢されるという設定の様です。
その後は成り行きで自由との事でした。

実際に女の子が部屋に入り、雑談しながらつり革を設置したり、学生服に着替えたりしたのですが、結構興奮してきます。
これから日常ではできないプレイをすると思うと、自然にあそこが立ってきます。
準備ができたというので、ゆっくりと女の子の背後に近づきました。触れるか触れないかの微妙なところで首筋の匂いを嗅いでみました。
失敗したのが、あまり近づきすぎて、勃起した私のあそこが女の子お尻に当たってしまった事です。
女のは演技で嫌そうにこちらを睨みつけてきます。実際にこんなことがあったら本当に嫌な顔で睨まれることでしょう。
密着すればするほど興奮度も次第に上がって行きました。

次に、手の甲で女の子のお尻を触れてみます。
女の子は、ちょっと感じたのか、ビクッと体が一瞬揺れました。
私は体をもっと密着させて、肘で女の子の胸をツンツン触ってみました。次第にエスカレートしていく行動は、まさにリアルな痴漢といった所でしょうか?
嫌がる彼女は、恥ずかしさからかだんだんと顔が真っ赤になっていくのがわかりました。

しびれを切らしたかの様に女の子は、私の股間をまさぐり、強烈に勃起したあそこを優しく撫でてくれました。
裸になると可愛らしいピンクの乳首が顔をのぞかせました。
緊張で震えた体と怯えるような目線・・・。
ここでスイッチが入ってしまい、デリヘル嬢は私のなすがままになってしまったのです。
演技でも本気でも、こう行ったシチュエーションて大事なのですね。

その後、青森で、電車に乗る機会がありましたが、本当に手が出てしまいそうになり、危険な経験をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です